コスモクリア COSMOCLEAR

COSMOCLEAR BLOG

しまなみ海道伯方島→大三島→生口島編に引き続き、最後の生口島と復路編です。

実は、コスモクリアは、サンライズ糸山でレンタルした自転車を、生口島のレンタサイクルターミナルの瀬戸田町観光案内所に返却して、バスとJRで愛媛県松山市に帰りました。乗り捨てになりますので、レンタル時の保証料1,000円の返金はなくなります。

まずは、その瀬戸田町観光案内所で、帰りのバスの確認をしてから、生口島の耕三寺周辺を、自転車で散策しました。

そうそう、特に多々羅大橋から耕三寺までの生口島のコースは、とても綺麗で走りやすかったですね。

11:25に生口島に入り、12:13に、ローストチキンで有名な「玉木商店」さんに寄りました。基本的にはテイクアウト専門ですが、脇に小さなテーブルがあるので、店頭で食べることもできます。コスモクリアは、手羽のLを、その場でいただくことにしました。食べやすいように、少しカットしていただけました。

しまなみの玉木商店

一部食べてしまっていますが、タレがかかって、こんがり焼けております。美味しくいただきました。ナイロン袋や骨等の食べ殻は、お店のごみ箱に捨てることができます。手を洗う小さな洗面もあります。

しまなみの玉木商店の手羽先

古い商店街で、昔の感じのお店ばかりなのですが、「玉木商店」さんのお隣がケーキ屋さんでした。外観からは、しばらく気づきませんでした。ガラス戸から店内を覗き込んでみると、ショーケースにケーキが並んでいたので、それと気付きました。ショートケーキが1個200円台からありましたよ。昔のケーキ屋さんの価格ですね。とっても惹きつけられましたが、他にも食べる予定があったので、我慢しました。

昼食は、「汐侍亭」さんです。(12:41)上記「玉木商店」さんのしおまち商店街の通り沿いの古民家を改造したお店です。

しまなみの汐侍亭の外観

店内には、サイクルスタンドや整備もできるようになっています。

しまなみの汐侍亭の土間

ランチの仔牛の厚切り熟成牛タン1,200円をいただきました。分厚い牛タンが3枚やとろろののった丼です。

しまなみの汐侍亭のランチ

最後に、レモンケーキで有名な「島ごころ」さんに寄りました。(13:37)

しまなみの島ごころ

購入した商品は、店内でイートインできます。イートインの際には、コーヒーまたはココアが無料セルフになっています。柑橘の果肉の使い方がお上手で、美味しいスイーツでした。側面を撮影すれば良かったですね。オレンジの皮ごとの果肉がサンドされています。お土産では、レモンケーキを購入しました。

持ち込みのパンを取り出して、ここのコーヒーで食べ始めた白人のサイクリストがいましたが、いかがなものでしょう。サイクリストの品位が下がるようなような行為は慎むべきでしょう。

しまなみの島ごころのイートイン

レモンケーキのお土産を手に、自転車を瀬戸田町観光案内所に返却(14:00)して、生口島島内の路線バスに乗りました。耕三寺14:35発、瀬戸田BS15:00着です。高速バスで、瀬戸田BS15:48発、今治駅前16:29着に乗りました。瀬戸田BSには、トイレや販売機等、何もありません。急げば、JRの普通列車、今治16:48発がありますが、17:23発、松山18:39着に乗りました。

写真は、高速の瀬戸田BS今治方面です。

しまなみの瀬戸田BS

路線バスの瀬戸田BS停留所から、高速バスの瀬戸田BS停留所へは、高速道路の側道を少し歩いて移動する必要があります。今治方面と尾道方面を間違わないようにしてください。

しまなみの瀬戸田BSの案内看板

自転車に乗ることよりも、観光を主目的にしたユルユルの自転車の旅です。非サイクリストの方には、参考になるのではないかと思います。

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : コスモクリアの旅  TAG : , , , ,

しまなみ海道今治出発編に引き続き、伯方島→大三島→生口島編です。

まずは、伯方島の「料理旅館 せと」さんをご紹介します。

宿泊したお部屋のからの景色です。大スクリーンの映画の映像のようです。時々、船が行き交います。10帖の畳の間も含めて、とても広いお部屋でした。

しまなみの旅館せとの眺め

夕食の一部です。珍しいところでは、向かって左上にある脱皮蟹のから揚げがあります。脱皮したてなので、柔らかい殻ごと食べられるのです。本当に柔らかいので、違和感無く丸ごと食べられます。特にミソがある部分は、ミソと身が、口の中で渾然一体となって、とても美味しくいただけます。

しまなみ旅館せとの夕食

9:00前に宿を出発して、道の駅「伯方S・Cパーク」にできた「ドルフィンファームしまなみ」に寄りました。(9:16)イルカと一緒に泳いだりもできるようですが、入場して見るだけにしました。大人で500円です。

しまなみのドルフィンファーム

寄ってきて顔も見せてくれるので、見るだけでも楽しいです。

しまなみのドルフィンファームのイルカ

さあ、今治側から3つ目の橋、大三島橋です。(10:02)

しまなみの大三島橋

4つ目の橋、多々羅大橋のすぐ近くの大三島の多々羅しまなみ公園です。これは、’サイクリストの聖地’の思いがこもった記念碑です。(10:31)サイクリストであれば、ここでの記念写真は必須です。サイクリストが、入れ代わり立ち代わり記念撮影をしておりました。この記念碑の向かって左側には人型のサイクルスタンドがあるので、それと一緒に記念写真を撮るのも面白いですね。コスモクリアもサイクリストとして、ここに立ってみたいです。公園内には売店等もあるので、しばし休憩です。

しまなみの多々羅しまなみ公園

多々羅大橋を渡って(11:25)生口島からの写真です。この多々羅大橋主塔元では、音が反響する’鳴き龍’の現象が起こります。橋上で主塔元に来ましたら、自転車を停めて、拍手をしてみてください。拍子木を置いている所もありますので、あれば拍子木を叩いてみてください。想像以上の音の反響が聞こえてきますよ。

しまなみの多々羅大橋

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : コスモクリアの旅  TAG : , , , ,

年々ロードバイク(自転車のスポーツ車)の人気が高まっているなか、しまなみ海道が世界的にも注目されるようになっています。サイクリストに人気のコースとなっています。

1999年開通から17年経過しましたが、重い腰をあげて、コスモクリアも自転車で渡ってみることにしました。2018年3月31日までは、自転車の走行は無料になっています。

普段、ママチャリを乗り回している方々に、しまなみサイクリングをご紹介します。サイクリストでもないのに、しまなみ海道を自転車で渡るのは、少し敷居が高いように感じるかもしれませんが、自転車にさえ乗れれば、子供から大人まで誰でも大丈夫です。

非サイクリストの方に向けて、ご説明していきます。まずは自転車ですが、ロードバイクかクロスバイクがお勧めです。いわゆるスポーツタイプの自転車です。街中ではないので、ママチャリは苦しいです。走行性能に雲泥の差があります。より楽しむためにも、持っていない方はレンタルをしてください。スポーツ車に乗り慣れていない方は、クロスバイクがよりお勧めです。尚、スポーツタイプの自転車のサドルは小さくて固いです。パッド付き(お尻部分にクッションが付いている。)のパンツの着用をお勧めします。数時間の走行になると、パッド無しでは、我慢できないほどにお尻が痛くなってきます。安いのであれば数千円からあります。

服装は、サイクルウェアもありますが、動きやすいジャージのようなものでもOKです。パッド付きインナーパンツに、上下ジャージでもいいと思います。あとはウィンドブレーカーが1枚欲しいです。特に、橋の上は風が強いです。靴はスニーカーですね。必要最小限の荷物は、リュックサックに入れて担ぎます。

あとは日焼け対策です。長袖長ズボン、アームカバー、フェイスマスク、サングラス、グローブといった物がありますが、半袖、短パンや、顔であったり、露出する部分には、漏れなく日焼け止めを塗ってください。

来島海峡大橋の今治側には、サンライズ糸山があります。前日の17:00までに予約してください。指定できる車種として、シティサイクル(ママチャリ)、ロードバイク、クロスバイク、マウンテンバイク、電動アシスト付き、子供用、タンデムといったものがあります。

コスモクリアは、予約できないGW期間中にサンライズ糸山に行ってから、レンタル受付しましたので、大変なことになりました。9:00にサンライズ糸山に到着しました。既に受付の行列で、すぐに並びましたが、並んで30分もすると在庫がなくなったので、とりあえず48番の番号札をもらいました。よく覚えていませんが、この札をもらうために、2時間ぐらい並んだと思います。結局、実際にレンタルできたのが、到着から6時間30分後の15:30でした。しかも選べませんので、4人中2人はシティサイクルでした。GWは予約できないし、混んでいることは承知していましたが、最大でも2時間待ちぐらいを想定しておりましたし、全員クロスバイクをレンタルできると考えておりましたので、全くの想定外の出発になってしまいました。

しまなみのサンライズ糸山

来島海峡大橋を渡って、大島で昼食の予定でしたが、コスモクリアは、サンライズ糸山のレストラン「風のレストラン」でのランチにせざるえませんでした。「風のレストラン」と言えば、ダッチオーブンの料理が有名ですが、全体的に美味しいです。このパスタランチも美味しかったです。

しまなみの風のレストランのランチ

このレストラン以外、周辺にも何もないと思いますが、長い長い6時間30分待ちを堪えて、レンタルできたクロスバイクです。8段ギアです。自転車の場合、橋の度に、橋への昇り降りがあります。島内も海岸線ばかりではありません。シティサイクルにはきついものがあります。

しまなみのレンタルしたクロスバイク

さて、15:30から出発して、最初の橋、来島海峡大橋上(15:50)です。自転車や徒歩でなければ撮れない橋途中の写真や、その他素晴らしいシャッタースポットがてんこ盛りです。

しまなみの来島海峡大橋

大島島内を突き進み、二つ目の橋、伯方・大島大橋を渡り、伯方島に降りた(17:09)ところです。目の前の橋を渡ってきました。

しまなみの伯方・大島大橋

伯方島で1泊します。「料理旅館 せと」さんに到着(17:39)です。サンライズ糸山から、寄り道や観光無しで、宿に向かいました。約2時間かかりました。女性や子供、シティサイクルもある状況で、こんな感じです。

しまんみの旅館せと

予定と全く違う感じになりましたが、見れた景色だけでも、自転車で来て良かったという感じです。

高所恐怖症のコスモクリアは、橋からの海の景色に、半分クラクラしながらも、その美しさに感動しました。

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : コスモクリアの旅  TAG : , , , ,