コスモクリア COSMOCLEAR

COSMOCLEAR BLOG

2019年の「秋の砥部焼まつり」が、2019年11月2日・3日に、砥部町陶街道ゆとり公園で開催されました。

出店には、その窯元の陶芸家自ら販売されていますので、ゆっくり話せるチャンスでもあります。砥部焼はこのようなイベントでなくとも、一般の方に工房を開いている窯元さんも少なくないので、窯元を直接訪ねて、購入やコミュニケーションをとりやすいのですが、通常は創作等をされている片手間でお客さんに応対していますので、コスモクリアは、一応、気を使っています。それ程意味もなく、あまりに長い時間を費やさない方がいいのかなと思っています。この「秋の砥部焼まつり」では、陶芸家の方々も、お客さんとの応対、コミュニケーションに専念されて立っていらっしゃるので、本当に、何の気兼ねもなく、ゆっくりしてもいいのかなと思います。

 

出店の入口辺りです。結構な人出です。会場の駐車場には、入庫待ちの車列に11月2日10:15に並んだのですが、駐車できたのは10:30頃でした。まあ、15分ぐらいならいい方でしょう。

秋の砥部焼まつりの入口

各窯元さんが、出店陳列している様子です。

秋の砥部焼まつりの陳列の様子

こんな感じで、割引になっている札が、あちこちに掲示されています。

秋の砥部焼まつりの値引き

コスモクリアの好みというわけではないのですが、あまり見たことがなかった北欧風デザインの器もありました。

秋の砥部焼まつりの北欧風器

ゆるキャラや、ステージイベントや、グルメゾーンもあります。

秋の砥部焼まつりのゆるキャラ

今回、コスモクリアが購入した器です。

陶彩窯さんのマグカップは、相変わらず和紙染めのデザインが秀逸です。全体的に曲線で構成しつつ、絶妙にバランスがとれています。手作りですので、一品一品、微妙に違います。取っ手部分も少しひねりを利かせた曲線でしたので、全部持ってみて、一番しっくりきたカップにしました。特に、取っ手の付いたカップは、実際に持ってみて持ち具合を試した方がいいですよ。ほんの少しの違いで、自分へのフィット感は、結構違ってきます。フィットすると、カップが軽く感じます。

このお皿は、コスモクリア初購入となります、ひろき窯さんの作品です。4枚のはずでしたが、1枚おまけで5枚にしてくれました。本当に必要な枚数以上にもらってもということもありますが、収納できるのであれば、安物ではないので、嬉しいです。ありがとうございました。ごく薄い青緑に、鎬の入ったシンプルなお皿にしました。何でも相性が良さそうなので、使い勝手が良さそうです。

秋の砥部焼まつりの購入した器

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

第39回愛媛の陶芸展

第39回愛媛の陶芸展に行ってまいりました。

2019年8月30日~9月3日まで、いよてつ高島屋 9階ローズホールでありました。

最優秀作品、優秀作品、奨励作品が選出されたうえで、販売展示されていました。連日、窯元さん達の’やきものトーク’もあったのですが、都合が合わず、聞けませんでした。本当は、すごく聞きたかったのですが...

 

コスモクリアは、砥部町の展示会や砥部焼まつり等を、時々見に行っていたのですが、今回は、砥部焼をちゃんと見るのは半年振りになりました。

陶芸展のポスター

以下は、コスモクリアが、いつもよく見ている窯元さんの展示作品です。

長門純子(陶彩窯)さんの和紙染艶消桜文花器[奨励作品(愛媛陶芸協会賞)]です。やはり、和紙染のデザインはピカイチです。ここでは紹介していない作品ですが、[優秀作品(愛媛陶芸協会賞)]や[優秀作品(いよてつ高島屋賞)]受賞作品もありました。凄いですね。

陶芸展の和将窯のカップ

もう一つ、和紙染艶消もみじ文組皿です。写真が悪くて申し訳ありません、実際は、もっと綺麗なもみじの緑色がでています。

陶芸展の陶彩窯のもみじ文組皿

山本和哉(和将窯)さんのUnleash cupです。ひだのようなデザインが造作されています。

素人の目からすると、展覧会とかには出さない、密かに自分が好きな作品といったような物が出てきます。ここまで奇抜な作品を出してくるのは、和将窯さんならではと思います。

IMG_0014

もう一つ、Etude Wine Setです。

陶芸展の和将窯のワインセット

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

2019年1月のイベントではあるのですが、砥部で、砥部焼伝統工芸士展2019がありました。

コスモクリアは、砥部焼伝統工芸士展にはもう何度も見にいっていたのですが、伝統工芸士による実演があることを、今年まで知りませんでした。ようやく、貴重な実演を、初めて拝見させていただきました。実際に拝見したのは、1時間半ぐらいでしたが、おそらく、2時間ぐらい実演があったのではないかと推測します。全部見たかったのですが、所用がありまして、残念でした。

おそらく、2020年1月にも、実演のある砥部焼伝統工芸士展があるはずです。皆さんにも、ぜひ、見に行って欲しいので、ご紹介しておきます。

 

会場は、砥部焼伝統産業会館の2階です。入館料が必要です。一般300円、高校・大学生,65歳以上高齢者200円、小・中学生100円です。

伝統工芸士展の外観

砥部焼伝統工芸士による、作品が展示されています。販売されていますので、購入もできます。

そして、1日2回、砥部焼伝統工芸士による、実演があります。コスモクリアが実際に、拝見しました回では、お二方によって、合計5作品のろくろ実演がありました。それから、絵付け実演もありました。この絵付け実演途中で、コスモクリアは、泣く泣く退館しました。全て、実演しながらの解説付きです。

凄いサービスだと思いませんか。コスモクリアは感激しました。

 

これは、花瓶の作成途中です。その高さまで成形した時点で、櫛目の模様を入れました。

伝統工芸士展の実演1

ここから、内側に手を当てて、膨らみをもたせます。これは、まだ完成した際の模様が想像できますが、模様の入れ方によっては、想像もできない最終的文様になる実演も、見せていただきました。その想像力と技術に、驚くばかりでした。

伝統工芸士展の実演2

これは、大皿を実演いただいているところですね。その辺のちょっと上手なスタッフさんがしているのではないのですよ。伝統工芸士の方が、解説付きで見せてくれるのです。

伝統工芸士展の実演3

これは、絵付けの実演ですね。筆を走らせる速さ、止め、手首の使い方等で、色の濃淡をつくるとのことでした。砥部焼は白地に藍色の模様が伝統的な特徴の一つです。他の色も使いますが、藍色のみを使用して、藍の濃淡だけで表現する作品も少なくないです。コスモクリアは、この伝統的デザインを、しっかり基本にもっている作品が好きです。

伝統工芸士展の実演4

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

砥部焼のスギウラ工房さんの個展が、「ギャラリー リブ・アート」さんで、開催中です。

2018年7月5日~7月10日までです。7月7日、8日は、f.sugiurakoubowカフェのコーヒーがいただけます。

杉浦綾さんの器と杉浦史典さんの人形が、展示販売されています。

「ギャラリー リブ・アート」さんは、松山市湊町4-12-9 メゾンM2ビル 3Fです。千舟町通りの「ジュンク堂書店」さんの交差点を、銀天街方面(南側)に入った通りのパン屋の「乃が美」さんの向かい側3Fです。

リブ・アートの外観

コスモクリアは、砥部焼が好きで、時々、砥部焼を見に行ったり、購入したりしています。

今回は、史典さんの人形を、じっくり拝見させていただきました。眼鏡をかけている人形もいます。展示作品は、主に、西洋人風の人形でした。

スギウラの人形の列

御馳走していただきましたコーヒー越しの作品です。

スギウラのカップ越しの人形

コスモクリアが一番気に入った人形が、これです。展示作品では、唯一、憂いの表情のあった人形です。

全て一点ものですので、人によって、自分好みの人形が違ってくると思います。よく見ると、本当に一つ一つ違うので、好みの人形は、バラバラになると思います。

スギウラの人形の憂い

フードや襟も、しっかりと作り込まれているんですよ。

スギウラの人形の襟

コスモクリアは、屋外に飾るイメージが湧いたのですが、確認しますと、水彩絵の具の着色のため、雨ざらしの屋外では、色剥げしてしまうということでした。

屋内のインテリアですね。普通は、そうだと思います。

よりアート的な無地の人形もありました。

スギウラの人形の小

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

和将窯。来てみませんか?Ⅱ

今、砥部焼の和将窯さんが、イベントされています。

場所は、愛媛県伊予郡松前町北川原921で、開催期間は、2017年7月15日~17日の10:00~18:00です。

和将窯の外観

相変わらず個性的な作品です。代表的な作品は、エチュード柄と、可愛い象のリングホルダーでしょうか。

下の写真は、エチュード柄の大皿です。

和将窯の大皿

コスモクリア的には、もう少し古典的な作品が好きですが、いろいろな窯元さんがあってこそ、砥部焼全体もより発展していくと思いますので、とてもいいことだと思います。

これが、象のリングホルダーです。今回は、これも含めて、象関連の作品をいくつか購入させてもらいました。その他、ドクロのデザインを取り入れたりとか、とにかく、若者や焼き物にあまり関心がなかった人にも注目されている窯元さんだと思います。

和将窯のリングホルダー

エチュード柄のカップです。カップの取っ手をよく見てください。一つ一つ、面白いデザインになっています。

和将窯のエチュード柄のカップ

黒いカップです。形、装飾ともに、個性的です。

和将窯の黒のカップ

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

第34回砥部焼まつり

第34回砥部焼まつりに行ってまいりました。

もちまき会場です。この後、コスモクリアとチビ君2人で、26個のおもちをゲットしました。更に、チビ君がポテトフライを出店で買ったところ、サービスで、特大の山盛りをいただきました。

砥部焼祭りのもちまき

さて、本題に入りまして、砥部焼まつりでは、窯元さんの新作が見れるのが、とっても楽しみです。

いくつかご紹介します。

展示されている作品を眺めていって、目に留まって立ち止まると、案の錠、陶彩窯の長門純子さんの作品でした。また面白い新作ですね。コスモクリアは、陶彩窯さんのファンです。今回に限らず、他の砥部焼の展示会においても、だいたい陶彩窯さんの作品前で立ち止まってしまいます。

砥部焼祭りの純子さん作品

こちらは、同じく陶彩窯の長門裕夢さんの作品です。裕夢さんの作品には、みかんの木の灰の釉薬を使ったシリーズがありますが、多分、これもそうだと思います。コスモクリアは、見た目でもっと砥部焼らしさのある作品が好きですが、裕夢さんの作品は、目をとめてしまいます。不思議ですね。好みと違うタイプの作品で立ち止まったと思ったら、裕夢さんの作品であることがしばしばあります。

砥部焼祭りの裕夢さん作品

とっても丁寧に繊細に作られている、泰山窯さんの椿です。真っ黒ですが、とても美しいと思いました。今回、オリーブをモチーフにしたコップの作品が、愛媛新聞社奨励賞にもなっていました。泰山窯さんは、第33回砥部焼まつりでお見かけした、小物アクセサリーの作品が印象に残っています。

砥部焼祭りの椿

以下、窯元さんは覚えていないのですが、いいなあっと思った作品です。

これは、気持ちよさそうな水を表現されていると思ったのですが、朝顔がモチーフでした。なるほどねー。夏に使ってみたいですね。

砥部焼祭りの朝顔

渋い中にも、可愛らしさが溢れている作品だと思います。こんな器が食卓に出てきたら、テンションあがりますね。

砥部焼祭りの器

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

砥部焼 春の窯出し市

2017年春の窯出し市に行ってまいりました。砥部焼陶芸館の2階で、二級品等の安売りがされています。1階通常商品の作品も、全て2割引きになっています。

3月18日~3月20日までですので、今日が最終日です。車の場合、ある程度、駐車待ちをすることになると思います。おそらく、30分待ちも考えておけば、大丈夫だと思います。

今回、コスモクリアは、味噌汁等、汁物のお椀を物色しに来ました。家族で意見が割れましたので、藍色と緑色の両方を購入することになりました。コスモクリア自身は、もちろん、藍色が好みです。藍色でいろんな表現をする砥部焼に惹かれています。

藍色は、砥部焼の大きな特徴の一つではありますが、他の色もたくさん使われています。近年では、本当に多種多彩になってきました。しかし、藍色一つでも様々な表現がありまして、藍色の世界でこんなにも表現できるものなのかというところに、感動を覚えてしまうのです。

砥部の春の窯出しのお椀

会場で見つけたマグカップです。近年増えているイッチンの作品です。細く絞り出したものを盛って、模様を描く技法です。取っ手の上面にもイッチン描きされているところがお洒落です。

しかし、一番の特徴は取っ手の形です。上面がフラットになって、角ばっているのがおわかりでしょうか。通常、ほとんどのマグカップは、丸みのある輪っかが付いて取っ手になっています。上面がフラットになっていることで、実は、持ちやすくなるのです。実際に持ち比べをすれば、すぐにわかります。そのイッチン描きされた取っ手上面に、親指を添えましょう。丸い取っ手に比べると、取っ手を持つ力が半減します。軽い力で、安定して持てるようになるのです。

砥部の春の窯出しのマグカップ

外では、若干の出店がでています。じゃこ天がありましたので、スタンダードなのと、チーズボールをいただきました。どちらも美味しかったです。チーズボールは、中のチーズがたっぷりで、思った以上に美味しかったです。

砥部の春の窯出しのじゃこ天

 

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

◇◆ 運営:松山市南江戸の賃貸住宅 コスモクリア

◇◆ 松山市南江戸で1LDK,2LDK,3LDKの賃貸物件はコスモクリアを検索!

◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇・・・◇◆・・・◆◇

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,

第33回砥部焼まつり

第33回砥部焼まつりに行ってまいりました。

砥部焼まつり2016の会場

通常、素晴らしい器の数々をご紹介していくところですが、今回は趣向を変えて、砥部焼の小物をご紹介します。

まずは、ブローチです。アート的な物や、カジュアルな物まで、いろいろあります。

砥部焼まつり2016のブローチ

ネックレスです。レザー風な色のデザインに革紐を通しているので、一見、レザーネックレスに見えるのですが、陶板なのです。面白いですよね。

砥部焼まつり2016のネックレス

砥部焼の風鈴です。いくつかの窯元さんから出品されていましたが、デザインはもちろんですが、音も全く違います。コスモクリアは、音が一番心地良く、砥部焼らしいデザインの風鈴を購入させてもらいました。購入する場合は、必ず、音を聞いてから検討することをお勧めします。

砥部焼まつり2016の風鈴

COMMENTS : (0) - TRACKBACKS : (0) - CATEGORY : その他  TAG : , , , ,